症例・治療紹介

適応症を広げる改良型遊離歯肉移植術の考察(結果)

M-FGGの手法に変えてからおそらく今まで困難なケースであったとしても私自身、以前のような失敗はない。移植片が生着すれば必ず付着歯肉や角化歯肉は確保できている。移植片の生着後のFGGの失敗というのは歯槽粘膜の創面を適切に処置しなかったことにあったようにおもわれる。


M-FGGでは生着した移植片と移植片より下に縫合した歯槽粘膜が綺麗な境界を持って治癒していく。これは今まで行っていたFGGでは見られなかったような治癒である。


FGGで稀に目にする移植片の移動もM-FGGでは少ないと思われる。これは移植片を治癒した歯槽粘膜で当初の移植部位に押し上げているからと考えられる。